トップページ 進学のたまのページ 資格取得早見ページ 情報公開 リンク集

専門学校、各種学校希望のみなさんへ 分野別学校案内 加盟校名簿 資料請求

大学への編入学の道が拓かれました

専修学校専門課程(専門学校)卒業者の中には、大学などにおいて更なる学習を希望する学生もいます。今までは専門学校を卒業した学生が大学に進学する場合は、入学試験に合格し、1年生から出発しなければなりませんでしたが、平成11年4月1日から、このような学生に対して編入学の道が拓けました。
大学は、学習を希望する学生の要求に応えるため、専門学校における学習の成果を評価し、編入試験を経て、2年次または3年次(修了カリキュラムの専門性、時間により)の編入学を認めるようになりました。
Wスクール(大学と専門学校の併修)が解消されること、資格を取得し、社会経験を経て大学で学ぶなどの利点があります。


編入学受験資格は以下の条件を満たした専門学校の卒業生で、専門士の称号付与者は全て該当します。(社会に出て、何年後でも、この条件さえ満たしておれば編入学受験は可能です)


  1. (1) 修業年限が2か年以上
  2. (2) 2年間の総授業時間数 1700時間以上
  3. (3) 試験による成績評価とそれに基づく修了認定

(例) ○○工業専門学校
建築造形学科 卒業
―――→ 編入試験
受 験
―――→ 大学へ進学